ページを選択

近年、AI(人工知能)技術の進化により、様々な業務プロセスが効率化されています。

特に、会議の議事録作成は多くの企業や組織で必要とされる一方で

時間がかかり、煩雑な作業となりがちです。

ここでは、会議の効率化を実現する新たな解決策として注目を集める
「AI議事録ツール」について、わかりやすく解説します。

なお弊社では、AIツールの開発についての無料相談を承っています。
こちらからお気軽にご相談ください。

→無料相談で課題を解決できるか話を聞いてみる

AI議事録ツールとは?

近年、AI(人工知能)技術の進化により、様々な業務プロセスが効率化されています。

特に、会議の議事録作成は多くの企業や組織で必要とされる一方で、時間がかかり、煩雑な作業となりがちです。

ここでは、会議の効率化を実現する新たな解決策として注目を集める「AI議事録ツール」について

IT初学者の方にもわかりやすく解説します。

AI議事録ツールの定義

AI議事録ツールとは、人工知能技術を活用して会議中の会話をリアルタイムでテキスト化し、議事録を自動で作成するシステムのことです。

従来、人が手作業で行っていた議事録の記録や整理をAIが担うことで、時間を大幅に節約し、会議後のフォローアップを迅速に行うことが可能となります。

Your content goes here. Edit or remove this text inline or in the module Content settings. You can also style every aspect of this content in the module Design settings and even apply custom CSS to this text in the module Advanced settings.

どのように機能するのか

AI議事録ツールは
主に音声認識技術と自然言語処理技術を
組み合わせて機能します。

会議中の発言を
マイクなどの音声入力デバイスを通じてキャプチャし
それをテキストデータに変換します。

その後、自然言語処理技術を用いて
テキストデータから重要な情報(決定事項、アクションアイテムなど)を抽出し
整理された形で議事録を作成します。

Your content goes here. Edit or remove this text inline or in the module Content settings. You can also style every aspect of this content in the module Design settings and even apply custom CSS to this text in the module Advanced settings.

AI議事録ツールの活用例

例えば、遠隔地にいるチームメンバーとのオンライン会議では
AI議事録ツールがリアルタイムで議事録を作成し
会議中にその内容を共有することができます。

これにより、会議の透明性が高まり
参加者全員が同じ情報を共有しやすくなります。

また、会議後には、自動生成された議事録をもとに
迅速にアクションプランを立てることが可能になります。

日本語の音声認識の現状